コーティングについて | RS APO 【オートピットオオタ】

お電話のお問い合わせはこちらから tel.0561-56-4649

コーティング

コーティングについて

現在、当店でのコーティングは、エシュロン(ECHELON)1043NANO-FILを採用しています。ボディコーティングとして、全く新しい構造である「3Dネットワーク構造被膜」の開発により、従来の網目構造の中に「直鎖結合」を組み込むことで、高硬度な被膜性能を維持しながらも高い追従性のあるしなやかさを併せ持つという事を可能として、高性能なコーティングへと進化しました。ECHELON 1043NANO-FILは「インパクトのある膜厚感」、「シミを防ぐ超滑水性」、「従来を凌駕する耐候性」といったコーティングとして求められる最も重要な機能を長期期間維持する事ができます。

 

フルモデルチェンジ級の大幅なアップデート -UPdate-

ECHELONは、従来のFE-1043の優れた性能を引き継ぎつつ、施工店の皆様 やユーザーからの声を元に、より満足度の高い製品を目指し開発されました。また、無機、有機や液体濃度などの製品スペックを重視するのではなく、ボディコーティングの 本質である体感できる性能にこだわりました。その為、全面的に製品内容を見直し、原材料から再考し誕生したNANO-FILですが、今回は中でも特にポイントとなる改良点についてご案内します。

ECHELON 1043NANO-FIL アップデート

ポイントとなる改良点とは・・・ -Improvements-

1、圧倒的な膜厚感はそのままに作業性を大幅に向上

 

ECHELON 1043NANO-FIL 磨く

従来のFE-1043は、その性能を重視するあまり、施工性を犠牲にしている側面がありま した。製品をご使用の施工店様からも「そこをなんとかしてもらえれば・・・」という 声を多く頂いていました。

そこで、1043NANO-FILは、高い評価を頂いていた性能面を落とさずに施工性を向上す ることを大きな目標の一つに掲げ、開発を進めてきました。
その結果、原材料から見直したことにより拭取り性の大幅な向上に成功しました。また、作業マニュアルの内容も見直しを行い、より効率の良い施工方法を確立しました。

 

2、初期被膜安定性の向上でダメージを大幅に軽減

 

従来のガラス被膜コーティングは、空気と反応して被膜が硬化して行くという性質上、施工直後の被膜性能が十分でなく、外的要因によるシミなどのダメージを受けやすいという弱1043NANO-FILは、基本的な反応のメカニズムは従来と同様ながら、3Dネットワーク被膜構造という新しい架橋構造によってその弱点を克服しました。
特殊なプロセスで精製した高純度シリコーンを採用し、そこに被膜構造を確立する為の添加剤を用いて100%反応する、不純物の一切残らないハイブリッド被膜を形成することで被膜の優れた初期安定性を実現し、シミ等のダメージを最小限に抑えます。

撥水画像

関連事例